● 神のニーズ·人間のニーズ

青リンゴ

CTPeakの田久保剛です。

2019年5月1日に、日本は平成から「令和」へと元号が変わり、新しい時代を迎えました。

この時代の節目と同時に、私は、

「新しい時代を迎えた今、これからCTPeakが皆さんに提供出来ることは何か…」

その事をずっと考え、模索し、そしてその内、私はすっかり迷妄に入ってしまいました。

なかなか光明を見いだせず、真っ暗闇の八方塞がりの状態に陥ってしまったのです。

しかし、完全に思考が行き詰まってしまったある時、ふと、ある事に気付きました。

それは、自分の意識が「人間のニーズに応えることばかりに囚われていた…」という事です。

どうしたら、「皆さん」の悩み、問題解決をサポートできるだろうか。

どう打ち出したら「皆さん」に、満足し、納得して頂けるサービスを提供出来るだろうか… と。

しかし、それを考えれば考えるほど、私の魂は揺さぶられないのです。

「皆さん」のニーズに応えようとすることは、決して悪い事ではないはずなのに、何故、気持が「乗って」こないのか…

私の意識が膠着状態の極限に達した時、その状況を俯瞰するような視点に立ち返りました。

この時に、私が焦点を当てていた「皆さん」とは「人間」、つまり、私自身も含め、社会的・物質的世界の中に自らを閉じ込めた事を忘れて、時間・空間という制約に囚われている意識状態の存在を意味していて、

私は、それを前提とした中で生まれる望み・価値・ニーズに応えようとしていた… という事に気付いたのです。

そして私は、これまでCTPeakで提供し続けて来た、自らのサービスの原点に立ち返ってみることにしました。

念場ヶ原

「自分が本当にしたい事は何なのか?」

それは、

「『神のニーズ』に応えたい!」

という想いだったのです。

同時に、

「今、この時代の地球に求められていることは何なのか…」

「今の時代の地球に必要なエネルギーを創造するにはどうしたらいいのか…」

「どうしたら、不調和な事象が軽減して、平和と調和の表現された新しい時代の地球を迎えることが出来るのだろうか…」

「神、つまり『私たちの実在』は、何を求めているのか…」

その『神のニーズ』を大前提にして、それに応える一助になることを、自分はしたいのではなかったのか?!

という、本来の私に与えられた役割を思い出したのです。

その事に目覚めたら、一気に神と繋がる波動に共鳴し、無限の叡智が私を通して流れ込むような状態になり、ついさっきまでの真っ暗闇が嘘のような、明るく楽しい、ワクワクとしたエネルギーに満たされました。

そして、私が問うた、「新しい時代にCTPeakが提供出来ること」の発想が次々と目の前に展開していったのです。

● 『神のニーズ』は「本当のあなた」「魂」からの真の望み

「『神のニーズ』に応える」とは、「皆さんのニーズに応えない」という事ではありません。

「皆さん」の本源、「皆さん」の究極の本音、本当の自分、普遍意識、魂のニーズに応える、という事です。

つまり、「本当のあなたのニーズ」に応えたい、ということなのです。

『神のニーズ』の中には「人間のニーズ」が含まれる…

、本当の望み

別の言い方をすれば、『神のニーズ』に応えれば、価値観から生まれた「人間のニーズ」を超越した、私たち人間の本当の望みが満たされるということです。

『神のニーズ』という光の中では、人間の不完全な視点から生じた価値という、ある意味で影のようなニーズは、光によって消えてしまう影の如く消えてしまうものなのです。

「これをすれば悩みは簡単に消えます」「これをすれば楽に儲かります」といった、「手早く」「簡単」に問題の解決手段を提供すれば、「人間のニーズ」を満たせるかもしれません。

しかし、そのように「人間のニーズ」を一時的に満たし続けることは、人間の世界の狭い視野で培われた価値に対して実在性を与え、その次元への執着をより強化することになります。

つまり、人間視点から抜け出す事がますます困難になるのです。

それは、私が本当にやりたいこと、私自身の役割と自覚して提供している『神なる本当の自分の自覚』をサポートすることとは、全く真逆のエネルギーなのです。

私は今回のことで、「皆さん」の究極の望み、『神のニーズ』に応えて、魂の目的を叶えるサポートをすることに対しては、魂が震えるような喜びが抑えられない感覚になることに、改めて気づきました。

『神のニーズ』を感じ取り、そして、皆さんの魂からの本当の願いを思い出していただくことで「人間のニーズ」との仲介をしながら、今、この時代の地球に求められているエネルギー、『神の創造活動』を、この情報に共鳴する同志の方々と共同で行いたい!と強く思いました。

それこそが、今回ご提案する新形態のサービスなのです。

● 悩みも問題も無い人には出来ない仕事「ライトワーク」

『神』は何を私たち人間に望んでいるのでしょうか。

それを私たち人間側の視点で固定的に捉える事は出来ませんが、私たちが今、この地球という物質次元に於いて、魂に必要な学び・経験・役割を果たし、その成果を積み重ねたその先に、結果として示されて来る… そう私は捉えています。

『神のニーズ』とは、「宇宙の計画」の成就、とも言えるでしょう。

壮大なる「宇宙の計画」の具体的な理解を、不完全な私たち人間の視野で詮索するのはナンセンスです。

しかし、その答えを知るために、私たち一人一人が、今いる場所でどうしたら良いのか、ということに関しては、私なりの経験に基づいた理解が明確にあります

  天使の羽

私たち人間は、地上に神(普遍意識・本当の自分)を創造(表現・顕現)する、という役割がある、それが私の見解です。

 

そして、その表現は人の数だけあります。

同時に、同じような表現の傾向を持つ人々として、「宇宙の計画」の中で、21世紀前半の地球の変容の時代に、その役割を果たす為に必要な使命を持って生まれてきた魂がいます。

スピリチュアルな分野では、「ライトワーカー」「スターシード」などと呼ばれる人々です。

私は、この「ライトワーカー」「スターシード」という表現は、実はあまり好きではありませんでした。

なぜなら、精神世界の本やインターネット上によくある、一般的に解説されているこれらの言葉やその説明・表現の仕方の一部に、強烈な違和感があったからです。

「人間世界の「下世話」と思われる悩みを抱える普通の人は違った、そんな低次元の人とは別の、どこそこの星から特別に転生してきた、特殊な役割の高次元の魂…」とでも言いたいような、そんな印象を受ける情報が少なからずあるように感じます。

 

もちろん、中には正しくそれらの言葉を表現している情報も少なからずあると思うのですが、私がこれまでたまたま目にしたそれらの言葉の表現には、強い分離を感じさせるものがあり、そのようなイメージを抱いてしまったからかもしれません。

「下世話」と思われる悩みに向き合う事で真理を見出してきた私にとっては、「実は、神は、悩みや問題が無い人に用はない」とさえ思っています。

自然

私たち人間は、この地球という物質次元で自我意識に魂を閉じ込めているからこそ、生じる悩みや問題に向き合い、なぜその悩みに直面しているのか、その悩みを通して経験出来る事、学べる事、だからこそ気づける事、感じられる事を味わい、

そこからの学びを人の為、全体の為に役立たせて、寄与・貢献する事で役割を果たし、「魂の成長」をすることこそが、神が私たち人間に望むことである、と私は思っています。

同時に、私たちが、悩みや問題の真の向き合い方を理解して実行できれば、悩みや問題はその役目を終えて、結果的に消える、もしくは囚われなくなります

そうして、次なるステージで、新たな役割を担うことで、更なる魂の成長を遂げていくのです。

● 『本当の自分』が人生に望む在り方

私は、そのように、悩みや問題の昇華を役割の力に変えていき、自分の持ち場で神の愛、光を表現して縁のある人々に良い影響を与えていく在り方こそが、真の「ライトワーク(光を降ろす仕事)」であると捉えています。

その役割を自覚し、自らが魂の成長を目指すことで、「宇宙の計画」を成就させることを担う人々のことを、私は本当の意味での「ライトワーカー」であり、その計画の中で、今の時代の地球に埋め込まれた種が「開花」して、使命を果たす魂、「スターシード」だと思っているのです。

ライトワーク

「宇宙の計画」、つまり神の意図は、神自らの一部として物質次元に表現をしている、私達人間、そして、あらゆる霊的存在との共同創造によって初めて成就します。

私の役割は、その「スターシード」達に、本当の意味での『ライトワーカー』の役割に目覚めて頂くきっかけをお与えする事であり、または、その目覚めを得た方に、より具体的な担当を全うするヒントを提供する事です。

そして私は、今回参加されるご縁のある方々が、その使命を持つ魂(スターシード)である事を信じており、この時代の地球が、無事、宇宙の計画通りにその役割を成就する為に、地球に必要な影響を与える創造活動をする使命をもって生まれてきた、プロジェクトメンバーと信じてます。

中には、「何を根拠にそんな事が言えるのか…」と思う人もいるかもしれません。人間の視点に於ける納得、根拠に拘るなら、このプロジェクトはもしかしたら向かないかも知れません。

 

ここで表現した「宇宙の計画」「魂の役割」の表現について、私には根拠なき確信がありますが、現時点で証明する術などありません。でも私は、根拠も真実も、ある意味でどうだっていいと思っています。

 

大切な事は、冷静に自分に向き合い、「本当の自分がどう在りたいか」「魂レベルで何を望んでいるか」「心の深奥でこの情報にポジティブな共鳴が起きているか」という、自分の感覚だと捉えています。

自分に備わった、善いと思われる面、悪いと思われる面、ここまで積み重ねてきた、ありとあらゆる自分自身の一切の経験を否定せず、そこから養われた力を生かし、人の為、全体の為、壮大な宇宙の為に役立たせる在り方に、自分が価値を感じるかどうか

ツリー

限られた肉体人生の時間を、根拠、真実の探求に費やすか、それとも、素直で正直な自分の創造活動、表現、仕事、在り方を通して、少しでも自分の足元から、誰かの為、何かの為に役立たせることに費やすか。

その、本当の自分の望む在り方に、このプロジェクトが有効であると共鳴できれば、それでいいと思います。

また、このような壮大な、言い換えれば、確認のしようのない、トンデモない夢物語のような話に、「自分とは無縁の事だ…」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、この情報に関心を持ち、今こうして読まれていること自体に、深い縁があり、大いに関係があると私は思います。

もしもあなたが、悩みや問題が全く無い、すでに全てが愛一元の世界の中で生きているのだとしたら、その境遇に感謝して、いち早く、その状態だからこそできる役割に邁進すべきです。

しかし前述の通り、悩みや問題があるからこそ、その悩みや問題に直面しているからこそ、学び経験できることを通して魂を成長させ、全体に寄与していくことこそが真の「ライトワーク」であるならば、「こんな悩み多き私でも参加する意味があるのか…」と思われた方であれば、むしろメンバーとして重要な要素をお持ちであると言えます。

私は、そのような真の「ライトワーカー」と共に、最も価値のある「神の仕事」を「神の道具」として全うしていきたいと思っています。

● 『神の共同創造プロジェクト』実現に必要なエネルギー

 

今回のサービスには、『神の共同創造プロジェクト』という副題が付いています。

なぜ、「共同創造」なのか。実は、そこには深い意味があります。

「ライトワーク」とは、私たち人間を通し、自分の持ち場に、神の愛の光を降ろし(表現、創造)地球全体に善い影響を与えることです。

エネルギーの輪

しかし、一人の人間が全体に与える影響のエネルギーは限られていて、このエネルギーを量で表現する目安は、「自乗」と言われています。

つまり、1人のエネルギーが1ならば、2人だとその4倍、3人だと9倍、10人なら100倍というように、1人の時では創られない大きなエネルギーの場を創造することが出来るのです。

ですから、このプロジェクトには複数の参加メンバーが必要なのです。

そして、このエネルギーを生み出すには、その場にいる人が『心を一つ』にすることが条件です。調和の心、ひとつの意識、お互いが仲間意識を持ち、和気藹々とした雰囲気が、そうしたエネルギーを生み出します。

更に、その調和のエネルギーに焦点が合う状態は、1回だけでは醸成されにくいですから、定期的な一定期間の接触によって、本質・真理に焦点を合わせる機会が必要になります。

この定期的な接触によって、より深い調和のとれたエネルギー場が形成されやすくなるのです。

同時に、個々の参加者にとっても定期的な接触は、日常生活でのズレを修正する場にもなり、更には日常の実践の経験を大きな学び、力にして共有する役目もあり、こうした定期的な集まりは、インドでは「サット・サンガ(真理の集い)」と呼ばれ、とても重要視されています。

同じ志を持った深遠なる仲間が一定数集まり、真理に意識を合わせ、心を一つにして、そして、「ライトワーカー」としての在り方を定期的に学び実践し合う。

そんな地上に創造された調和のエネルギー場を、「神の計画」成就を強く自覚している高次の霊的存在が放っておくわけはありません。

まさに、このグループのエネルギーを「神の計画」を成就する為に高次の霊的存在が利用し、私たちは、この時代に必要な「神の道具」としての役目を全うするという、『神の共同創造プロジェクト』を遂行できるのです。

世界貢献

そしてまた、この共同プロジェクトには続きがあります。

実は、今回のプロジェクトによって開催されるミーティングの内容は、映像として収録されます。

それを後に、教材等の新たなサービスとして展開していく予定になっています。(※参加者の顔と声の部分は、教材映像には使用いたしません)

私、田久保が一人で収録し表現した情報にも、もちろん大きな役割があると思っていますが、このプロジェクトに参加される方々が作り出すエネルギー場によって作られた情報は、理論上、参加者が10名であればその自乗である、100倍のエネルギーを持った情報となっていきます。

つまり、あなたがこのプロジェクトに参加することで、そのエネルギーの一端を担い、次にその情報を様々な形態でお届けして学ばれる、新たな魂の同志たちに寄与することになる訳です。

あなたが、あなた自身の学びを深めていくことで、次の役割をもった人々への貢献となり、その輪が広がり続けていくことで、この時代の地球へ、そして宇宙全体への大きな影響をもたらし、その貢献が「神の計画」の成就へと繋がっていくのです。

これこそが、『神の共同創造プロジェクト』の本当の意味なのです。

● 『CTPeak Light-Work Club(シーティーピーク·ライトワーク·クラブ)』(略:CLC)とは

さて、この『神の共同創造プロジェクト』を、『CTPeak Light-Work Club』として発足します。

そもそも、私の運営するCTPeak(シーティーピーク)とは、『Creation of Truth the Peak』の略です。

光輪

Creation = 創造
Truth = 真実

この「真実(Truth)」の「Peak(頂点、最上級)」が意味するものが、「普遍意識(神・本当の自分)」です。

ですから、『CTPeak』は、『神の創造』を意味して創った社名です。

『CTPeak Light-Work Club』は、「神の創造を共同で行うプロジェクトに集う仲間」という想いに基づいて命名しました。

その頭文字を取って、略して「CLC」と呼んでいます。

CLCでは、インターネットを通じて行うビデオ会議形式(Zoom)のミーティングを、半年間で全6回継続して開催します。

インターネットを利用して行うという点で、これまでCTPeakのサービスとして提供してきた『オンライン講座』(シンプルさとり講座・PEAKカウンセリング塾・TAOメンタルビジネス塾・上級編ライトワーカーのための特別講座)と何が違うのか、混乱されるかもしれませんが、

これまでの『オンライン講座』との大きな違いは、オンラインでリアルタイムで開催される「参加型のミーティング」であることです。

そういう点では、実際に会場に足を運んでいただく通常の『セミナー』に似ているとも言えます。

実は、この新サービスは、「オンライン講座」と「セミナー」のそれぞれのメリットを生かした、良いとこ取りの全く新しいサービスなのです。


● これまでの経験のメリットを生かす全く新しい形式の新サービス

私がCTPeakで長年ご提供してきた霊的真理の情報と実践のサポートは、主にセミナーとオンライン講座でした。

これは、それぞれに、メリット・デメリットがあります。

「セミナー」は、同じ空間で、直接リアルタイムに情報をお伝えし、質疑のやり取りをしての波動交流が出来る、また、決まった日時に、ある意味で強制的に進行する為、個人の意志の力に左右されにくく、集中的に、良い意味での適度な緊張感をもって学ぶ事が出来るのがメリットです。

しかし逆に、会場が遠い方は、交通費、宿泊費などの経費もかかり、また、日程がなかなか合わなかったりして参加が困難な場合もあります。

また、フォローが付帯する事もありますが、その日が終われば、基本的には終了、という、言わば継続的なサポートには向かないというデメリットがあります。

セミナー

一方、「オンライン講座」は、ウェブ上の専用サイトにアップされたビデオ講義を学ぶので、時間や場所に左右されず、好きな時に好きな場所で好きなペースで繰り返し学習を進められ、そのサポートを継続的に受けられるというメリットがあります。

しかし、デメリットとしては、長期間の講義を学んで行く上で、意志の力に左右され途中で挫折したり、甘えが生じて集中的に向き合えなかったり、また質疑などにタイムラグがあって、波動的な交流としては、実際に時空間を共にするセミナーには劣るという点があります。

この、それぞれのメリットを生かし、デメリットを補い合うことのできる第三の形態とも言えるものが、今回の新サービスのCLCなのです。

先にもお伝えした通り、半年間で毎月1テーマずつ、全6回のミーティングを開催しますので、定期的な接触と真理に触れる継続的な機会を得ていただくことが出来ます。

また日程は、なるべく都合を合わせて頂きやすいように、休日開催と平日開催の2パターンをご用意し、いずれかの日程で参加が出来ます。

もちろん、オンラインでの開催ですから、インターネット環境と、参加するためのパソコン・スマートフォン・タブレット等の機器さえあれば、場所を選ばず、遠方や海外にお住いの方でも、外出先からでも参加することが可能となります。

6回のそれぞれのミーティングにはテーマを設けていますが、一方的に講師の話を聞き、個々に学びを深めていただくというよりは(その要素ももちろんありますが)、

私、田久保がリアルタイムでご参加の皆さんの波動を感じながら、その場に必要なエネルギーと情報を展開していきますので、参加者によって毎回異なる展開が大いに予想され、画一的な情報提供に留まることなく、深い学びを得ていただくことが出来ます。

質疑応答もリアルタイムで行えますから、セミナーのような臨場感を感じていただけることも大きな魅力の一つです。(時間に限りがありますので、全ての参加者に質問していただくことが出来ない可能性はあります)

更に、最大の魅力としては、この開催されたセミナーは収録され、参加者限定の専用サイトに後日アップし、復習ビデオとして繰り返し見る事が出来るようになります。

パソコン

しかも、専用サイト内では、ご自身が参加した日程以外の同テーマの回もご覧頂けるため、実質12回分の映像を見ていただくことが出来、更にはパソコンへのダウンロードも可能となります。

尚、参加条件として、CLCのサービスの目的に基づき、原則、全6回を通しての参加が前提となり、興味があるテーマだけを選んでの参加は出来ません

6回分がワンセットで、はじめてこのプロジェクトがより高い成果に結びつくとご理解頂き、継続してご参加ください。

但し、日程等の都合により止むを得ず参加が出来ない場合には、後日専用サイトにアップされる映像を、次回までにご覧いただくようにお願いいたします。

また、先述した調和のエネルギー場を形成する意味と、「セミナー」のメリットを出す意味から、参加者は全員、WEBカメラの前でお顔を映しながらの参加が前提となります。

特に、パソコンに内蔵カメラ(及び内蔵マイク)が付帯していない方は、事前にWebカメラ(マイク付き)をご購入いただき、セッティングを確認した上でご参加ください。(※スマートフォン・タブレットの方は、通常はカメラとマイクが付帯されていますが、念のため事前の確認をお願いいたします)

映像で自分の顔を出して参加することに抵抗がある方も中にはいらっしゃるかと思いますが、これは、私、田久保が、その場に形成された波動をより感じやすくなり、その場に必要な情報を表現する上でも、とても重要な要素になります。(※後日、参加者限定の専用サイトに公開する映像や、教材に使用する映像には、参加者の顔は映りませんのでご安心ください)

また、私が一方的に情報を話し続けるだけでなく、その場でのリアルタイムな質疑応答を全員で共有しあうという重層的且つ有益な理由に基づくものです。

どうぞ、ご理解の上、ご参加ください。

● CLC全6回ミーティングのテーマ炎

ライトワーカーに必要な6つの実践的テーマとして、『CTPeak Light-Work Club』(CLC)の高い成果を挙げて頂く為にご用意した、各回のミーティング・テーマ(1回約2時間)は、次の6つです。

第1回【日常生活に宇宙を顕す】

「神から創造」された完璧な、あなたの日常生活にいかに向き合うか。『カルマ・ヨガ』の本質の理解と実践方法、そしてその継続を学びます。

第2回【普遍意識で世界を観る】

ネガティブ感情に巻き込まれず、常に、この世界に神を観出し続ける理解と実践方法、瞑想の本質的な意味、そしてその継続を学びます。

第3回【宇宙の波動と共鳴する】

私たちに常に流れ込んでいる普遍意識のエネルギーと共鳴する為の理解と実践方法、そしてその継続のコツを学びます。

第4回【地上に光を降ろす(神の道具として生きる)】

ライトワーカーの役割、本質、「神の道具」として、普遍意識を味方につける在り方の理解と実践方法を学びます。

第5回【魂の目的を思い出す(私たちの使命)】

私たちはこの地球に生まれる前に、魂として何を決め、何を目的とし、何を学びに来たのか、それを思い出し、使命を果たす為に必要な理解を深めます。

第6回【新しい地球での生き方】

「神の経綸」として迎える新しい地球を、ライトワーカーとしてどう迎え、どう生きるのかの理解を深めます。

コスモス

なお、これらのテーマは、CLCの目的に沿って設定しましたが、毎回の内容は、このテーマを一つの方向性として定めつつ、その場で必要なエネルギーを感じ取りながら展開しますので固定的なカリキュラムではありません

また、状況に応じて、順番や詳細内容に変更が生じる場合があります。


これは、単に知識を学ぶセミナーではなく、『神の共同創造プロジェクト』を前提として最適な進行をするものとしてご理解ください。


【Zoomについて】
『Zoom』とは、パソコン・スマートフォン・タブレットから、インターネット回線を通じてセミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリです。 通信速度が比較的安定しており、遠方や海外からでもタイムラグがほとんど生じず、大人数のミーティングにも適しています。
顔 初回はアプリをインストールする必要がありますが、事前にインストールしていなくても大丈夫。パソコンでもスマートフォンでも、こちらからお送りする招待URLをクリックして、メールアドレスや名前等のわずかな情報を入力するだけで、とても簡単に専用アプリをインストールし、その場ですぐにミーティングに参加できますので、初めての方でも安心して気軽に利用できる設計になっています。(※会社や外出先のパソコンで、アプリのインストールが難しい場合は、アプリを利用せずにブラウザからミーティングに参加することも可能です)
また、2回目からはURLをクリックすると、すぐにミーティングに入ることが出来ます。
不安な方は、事前にアプリをインストールしておくのも良いでしょう。また、CLCのスタート前に、初めての方のためのインストラクションの時間を設けますので、安心してご参加ください。

● CLCの仕組みと参加条件

CLCの参加には、CLCの主旨をご理解頂けることが大前提です。

単に情報知識を受け取るだけの受け身の姿勢ではなく、共同で創造活動し、少しでも実践に努力するお気持ちでご参加ください。

また、この場は自分の信条、考え方に拘って、議論をする場ではなく、全体との調和と関わりながら、佳い波動を創造していく場ですので、そのような主旨にご賛同頂ける場合のみ、エントリーしてください。

ここでは、CLCの仕組みと参加条件についてご案内いたします。

◎ ミーティングの開催

CLCミーティングは、半年間に渡って毎月1回、各回約2時間で、全6回開催されます。この6回分の全てにご参加いただくことによって高い成果をえていただくように構成していますので、原則として、6回分全てにご参加いただくことを前提としてください。

日程は、出来るだけ調整しやすいように、1つのテーマに対して、休日(原則として第4日曜・午後)と平日(原則として第2水曜・夜)の2回の開催日を設定します。(※詳細な日時は、下記に記載の『開催スケジュール』をご確認ください)

ミーティング

参加者は、事前にスケジュールをチェックして、自分がどちらの回に参加するかを決めていただきます。

開催日が近づくと、参加確認のメールが届きます。その際、参加される方は、メールに記載された手順で、参加の意思表明を行っていただきます。すると、ミーティング招待URL等、具体的な参加方法が記載されたメールが改めて届きます。事前に参加の意思表明を行っていただかないと、ミーティング招待URLは届きません。

また、ミーティング招待URLは、当日の開催時間にならないと有効になりません。当日は、指定された時間にメールに記載された方法で、Zoomを利用してご参加ください。

尚、同テーマで、休日と平日の2回に参加することはできません。必ずどちらか1つを選択してご参加ください。(テーマ毎に、休日・平日を都度選択できます)

ただし、後日、参加者限定の専用サイトに公開されるミーティング映像には両方の回が公開されますので、実質12回分の映像を見ることができるようになります。

やむを得ない事情によって休日・平日のどちらにも参加できなかった場合には、次回の開催までに、必ず前回の映像をご覧になっておいてください

◎ 映像を使用しての参加が必須

CLCのミーティングへ参加する際には、パソコンやスマートフォン等のカメラを使用して、映像でご自身の顔を映しての参加が必須となります。

特にパソコンでご参加される方は、事前に必ず、カメラやマイク等の機材と設定についてご確認ください

参加者

映像をミュート(顔を映さない)状態での参加は原則として禁止です。

これは、6ヶ月間、共にプロジェクトを全うするための同志として、互いの顔を見て仲間意識を深めていただきたいという理由と、講師が参加者の波動をより繊細につかみ、その場に必要なエネルギーを形成するために、大変重要な要素です。予めご理解の上でご参加ください。

ただし、ミーティング中にやむを得ない緊急の事情が発生した場合は、事情をスタッフにご説明いただいた上で、一時的に映像をミュートにすることが出来ます。

ご家庭の事情で、手が離せないご家族が居て急に席を立たざるを得ない場合など、緊急事態が予め予想される場合には、事前にその旨をメールにてお知らせください

また、ミーティング中の画面に参加者以外の人が入ると、集中が途切れ、他の参加者にも迷惑がかかります。参加の際には、必ず一人になれる環境を整えてください。ご自宅では、ご家族のいない部屋に移動したり、外出先の場合も周囲に人がいない環境を選び、周囲に人が映り込んでしまう環境からの参加はご遠慮ください。

◎ 参加者限定の専用サイトについて

CLCミーティングの内容は、映像として全て収録を行います。その映像を、後日(最大1週間以内)に、参加者限定で利用可能な専用サイトに公開します。

サイトの公開期間は、初回ミーティング開催日より1年間です。

公開方法は、Youtubeの非公開映像形式(URLを知っている人だけが見られる形式)を採用しますので、Youtubeを再生できる環境があれば、いつでもどこでも閲覧していただけます。

タブレット

専用サイト内では、同テーマで行う休日・平日の両日の映像を公開しますので、ご自身が参加した日の映像を復習として見られるだけでなく、参加しなかった方の映像も見ることができ、実質12回分の映像をご覧いただくことが出来ます

特に、このCLCは、固定的な情報をお伝えするに留まらず、講師が当日の参加者のエネルギーを感じ取って、その場に必要な内容を展開し、更には参加者からの質問にもお答えしていくため、同じテーマでも異なる内容になることが予想され、より幅広い視点での理解が得られるようになります。

また、映像は何度でも繰り返し見ていただけるだけでなく、パソコン等にダウンロードしていただくことも出来ます。音声のみのファイルもダウンロード可能ですので、iPhoneなどの携帯音楽ツールを使って、外出先でも気軽に復習が出来るようになります。

これにより、専用サイトが閉鎖された後でも、思い立った時にいつでも復習が出来るようになります。

スマートフォン

更に、公開された映像にはコメント欄を設けますので、質問や感想などを書き込んでいただくことが出来ます。質問の場合は、必要に応じて講師がコメントで回答します。そのやりとりを他の参加者も見ていただけることで、更に新たな気づきや理解を得ていただけるようになります。

尚、専用サイトは、一般の方が閲覧できないよう、パスワードによるセキュリティ・ロックをかけます。

専用サイトで公開される内容、及びダウンロードの映像や音声は、参加者限定の復習ツールとなりますので、サイトURLやダウンロードデータを、第三者に見せたり公開することは厳禁です。予めご了承ください。

専用サイトのURLとアクセス方法は、参加のお申込をいただいた方に、後日詳細をお知らせいたします。

★ 有料オプション『パーソナルセッション』について

『パーソナルセッション利用権利』

CTPeakのサービスの中には、マンツーマンで講師のセッションが受けられる「パーソナルセッション」があります。

個別フォロー

このセッションは、オンライン講座や特定のセミナーにご参加いただいた方だけが利用できるものですが、CLCにご参加の方も、このパーソナルセッションを利用できる権利を得られます。

個人的なご相談がある場合や、ご自身の日常の状況から、より理解を深めたい方などに有効的なセッションです。

パーソナルセッションは、1回30分で5,000円の有料オプションです。利用の際には、Zoomの個人ミーティングをご利用いただけます。ご希望の方には予約方法や詳細をお伝えいたしますので、直接メールにて問合せください。


● FAQ(よくある質問)質問

◎ index(質問一覧)

Zoomを利用したことが無く不安です。初めてでも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。Zoomは初めて利用される方でも、とても簡単に始められるツールです。こちらからお送りするメールに記載されたURLにアクセスするだけで、簡単にアプリケーションをインストールし、その場ですぐにミーティングに参加が出来ます。また、不安な方のために、初回はZoomのテストと使い方のインストラクションの時間を設けますので、安心して参加してください。

◎ Index(質問一覧)に戻る




パソコンが無く、スマートフォンやタブレットしか持っていませんが、問題ありませんか?

はい。スマートフォンまたはタブレットだけでも、全く問題なくZoomをご利用いただけますので、このサービスの利用に支障が出ることはありません。

◎ Index(質問一覧)に戻る




パソコンにカメラが付いていません。カメラは必要ですか?

原則として、ご参加いただく方には、カメラ(ビデオ映像)での参加を前提にしていただきます。よって、もしもパソコンに内蔵カメラが搭載されていない場合は、Webカメラ(マイク機能付き)を事前に購入して、カメラとマイクのテストを行っておいてください
Webカメラは、電気店やインターネット・ショップ等で、2〜3,000円程度で充分な性能のものが購入可能です。尚、スマートフォンやタブレットの場合、通常はカメラとマイクの機能が備わっていることが多いため、改めて購入の必要はありませんが、不安な方は事前に機能のチェックやテストを行っておいてください。

◎ Index(質問一覧)に戻る




マイク付きのイヤホンやヘッドセットは必要ですか?

マイク機能が付いているパソコンや、スマホ・タブレット等をご利用の場合は、イヤホンやヘッドセットは必須ではありませんが、周囲の音を極端に拾ってしまったり、声が聞き取りにくいことがありますので、環境によっては必要となる場合があります。すでにお持ちの場合は、イヤホンやヘッドセットをご利用いただくことを推奨します。ご自身の環境に応じてご準備ください。

◎ Index(質問一覧)に戻る




6回の全てのミーティングに参加できないとダメですか?

いいえ。諸事情によって止むを得ず参加できない場合は、後日、参加者限定の専用サイトを通じて、当日のミーティングの動画を見ていただけます。ただし、原則として、全6回を通して参加することが前提のサービスとなりますので、もしも参加出来ない回があった場合には、次回への参加の前に、必ず、参加者限定の専用サイト内で後日公開される前回映像をご覧いただくようにお願いいたします。

◎ Index(質問一覧)に戻る




興味のあるテーマだけに参加することはできますか?

いいえ。このサービスのコンセプトは、真理の情報に定期的に触れていただくことで、日常の中で少しずつズレてしまった意識を軌道修正したり、6回の段階を追って理解を深めていただくことが重要な要素ですので、やむを得ず参加出来ない場合を除き、原則として毎回ご参加いただくことを大前提としてください。また、それでも参加が出来なかった場合には、次回への参加の前に、必ず前回分の映像を、参加者限定の専用サイトで閲覧してからご参加ください。
尚、6回に設けたテーマは、固定的な講話内容として決められた内容ではなく、あくまでも話の切り口であったり、全体的なベースとして設けているに過ぎません。よって、当日の参加者の状況や質問等の内容によって、テーマに関係なく話が展開することも予想されます。自分はあまり興味が無いと思っていたテーマの中に、ご自身の日常の問題を解決するヒントであったり、気づきを得るチャンスが含まれていることも確率として非常に高い可能性があります

◎ Index(質問一覧)に戻る




ミーティング開始時間に間に合わない場合は、途中から参加も可能ですか?また、途中退出はできますか?

開始時間に遅れる場合や、途中退出が予め分かっている場合は、事前にメールでお知らせください。ミーティングは時間通りに開始されますので、途中から参加した場合には、スタッフからチャット(※Zoom内で、参加者に直接メッセージを送信できる機能)によって、状況をお伝えする場合があります。

◎ Index(質問一覧)に戻る




休日と平日の参加日を途中で変更することは可能ですか?

はい。同テーマで休日と平日の2回、ミーティング開催日を設けていますが、都度、どちらに参加するかを、ご自身の都合に合わせて選択してご参加いただけます。もちろん、6回分を全て休日(または平日)に固定して参加しても結構ですし、その都度変更するなど、毎回自由に選択していただいて問題ありません。
尚、参加日の選択方法は、毎回、開催日直前(2〜3日前頃)に、参加の確認メールをお送りします。その際に参加の意思表明を行っていただくことで、ミーティングへの参加が可能となります。

◎ Index(質問一覧)に戻る




同テーマで、休日と平日の両方に参加することは可能ですか?

いいえ。同テーマで、休日と平日の2回のミーティングに参加することはできません。必ず、1つのテーマに対し、休日か平日かどちらか1つの回を選んで参加してください。(テーマ毎に、休日・平日を都度選択できます)
ただし、参加者限定の専用サイトの中では、休日と平日の両方のミーティング映像を公開しますので、ご自身が参加しなかった回の内容も観ていただくことが可能となります。

◎ Index(質問一覧)に戻る




自分が参加していない回の映像を見ることは出来ますか?

はい。6回のテーマでそれぞれ2回(休日・平日)の開催日がありますので、ご自身が参加していない回の映像も含め、実質12回分のミーティング開催があります。この12回分を、参加者限定の専用サイト内で全て閲覧することが可能です。
これにより、ご自身が参加した回の映像の復習で閲覧できるだけでなく、参加していない回の映像も見られますので、違う内容やエネルギーを感じていただくことが出来るため、より幅広く理解を深めていただくことが出来るようになっています。

◎ Index(質問一覧)に戻る




参加者限定の専用サイトの利用期限はありますか?

あります。利用期限は、第1回の初回ミーティング開催日より1年間です。

◎ Index(質問一覧)に戻る




ミーティング映像はダウンロードできますか?

はい。参加者限定の専用サイトが閉鎖された後(初回開催日より1年後)でも繰り返し閲覧していただけるよう、公開された映像及び音声は、パソコン等でダウンロードできるようになっています。ただし、スマートフォンやタブレット等は、機種によりダウンロードに対応していない場合や、データ保存量の問題が生じる可能性がありますので、ダウンロードの際には、パソコンをご利用いただくことを推奨いたします。

◎ Index(質問一覧)に戻る




外出先から参加することは出来ますか?

インターネットへの接続環境(WiFi等)と必要な機材(Webカメラやマイクが搭載されたパソコン・スマートフォン・タブレット等)さえ整っていれば、ご自宅以外のどちらからでも参加が可能です。ご家族がいて自宅では参加が難しい場合や、仕事の都合で外出先から参加したい場合などでも、環境さえ整えていただければ参加出来ます。
ただし、特にオフィスやネットカフェなどから参加される場合には、周囲の人が画面に映ることの無いように、必ず一人になれる環境を確保していただき、周囲に人が多くいる場所での参加は控えてください。また、周囲の雑音が非常に多い場所で参加される場合は、マイク付きのイヤホンなどをご用意いただくようにお願いいたします。

◎ Index(質問一覧)に戻る




海外からでも参加出来ますか?

インターネットへの接続環境(WiFi等)と必要な機材(Webカメラやマイクが搭載されたパソコン・スマートフォン・タブレット等)さえ整っていれば、海外からでも参加可能です。特にZoomは、海外や遠方からでもタイムラグが極めて少なく、安定した通信速度が得られることが定評のアプリです。国によって非常に通信環境が悪い場所や、インターネットの閲覧そのものが難しい場所もありますので、念のため確認の必要はありますが、一般的な動画サイト(Youtube等)を閲覧できる環境があれば問題ないでしょう。ただし、ミーティング日時等のご案内は全て日本時間でお送りいたしますので、時差計算はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

◎ Index(質問一覧)に戻る




人前で発言することに苦手意識があります。ミーティングでは、何も発言しなくても良いですか?

ミーティング中は、講師の話を聞いていただくことが主体となりますので、発言は必須ではありません。ですから、発言に苦手意識がある場合は、無理に発言する必要はありません。ただし、より効果的に成果を得ていただくためにも、ご自身の中から出てきた疑問や質問などは、積極的に発言していただくことをお勧めします。また逆に、参加人数や時間等の都合によって、全ての方に発言していただくことが出来ないことはありますので、予めご了承ください。

◎ Index(質問一覧)に戻る




映像で自分の顔を出して参加することに抵抗があります。カメラを使用せずに参加してはダメですか?

原則として、カメラ(ビデオ映像)で顔を映しながらご参加ください。その理由としては、このサービスのコンセプトとして、一方的に講師の講話を受け身で聞くセミナー形式ではなく、参加者との共同創造によってエネルギー的な場を形成していくことを最大の目的としているからです。ここに参加される方は、6ヶ月間、共にプロジェクトを全うするための同志です。互いの顔を見て仲間意識を深めていただきたいという理由と、講師が参加者の波動をより繊細につかみ、その場に必要なエネルギーを築き上げるためにも、カメラ(ビデオ映像)での参加にご理解をいただければと思います。
尚、補足となりますが、後日、参加者限定の専用サイトで公開する映像では、基本的に、講師のみの顔が映った映像を公開しますので、参加者の顔が映像として公開されることはありません。また、後に教材として使用することがあった場合にも、参加者の顔を公開することは一切ありませんので、ご安心ください。

◎ Index(質問一覧)に戻る




自宅に赤ちゃんが居て、急に泣き出すなどのご迷惑をかけてしまうのでは、と心配しています。

ミーティング中に講師が話す時間は、参加者のマイクはこちらでミュートに設定しておきますので、急な赤ちゃんの泣き声などで、他の参加者に迷惑をかける心配はありません。また、そのような緊急事態が起きた場合には、一時的にカメラを切って離席していただいても問題ありません。対応が終わった後に、再びミーティングに戻ることも可能です。尚、そのような緊急事態が発生する可能性のある方は、事前に事情をお知らせしておいてください。(こちらが事情を把握せずに、急に離席される方がいた場合、トラブルでお困りではないかと誤解し、対応のためにスタッフが連絡を取るなどの行動をする場合があるため

◎ Index(質問一覧)に戻る




家族や友人と一緒にミーティングに参加出来ますか?また、自分が参加出来ない日だけ、代理で参加してもらうことは出来ますか?

いいえ。ミーティングには、お申込者ご本人しか参加出来ません。ご家族やご友人の方が参加したい場合は、それぞれ個別のお申込が必要となります。代理の参加も不可です。また、参加者限定の専用サイト内の映像も、自分以外の第三者に公開することは厳禁です。
このプロジェクトで最も大切なことは、参加されるご自身が、このコンセプトを充分に理解して同意し、ご自身の意思によって参加することです。人から無理に勧められて参加した場合には、その本人のためにならないだけでなく、プロジェクトの目的の一つである、共同創造のエネルギーをも妨げてしまう結果になりかねません。ですから、もしもご家族やご友人に勧める場合には、無理にお勧めするのではなく、まずは、その方ご自身にこのご案内を熟読していただき、コンセプトを良くご理解いただいた上で、ご自身の意思によって参加するかどうかを、ご本人が決めていただくようにしてください。

◎ Index(質問一覧)に戻る


● 講師プロフィール

田久保 剛(たくぼ たけし)

田久保 剛

精神世界・スピリチュアル・自己啓発など、様々な心の世界に興味を持ち、心理学・成功法則・瞑想法など多岐に渡って研究を続ける。心の分野における様々な立場を20年以上に渡り経験し、複数の主要都市に支部を持つ研修会社の代表取締役を務め、多くの心系の講師を指導・育成した。現在は、より幅広い活動を志して前職の代表を辞任し、CTPeakを設立。地球の変容の時代に、真理の情報を発信し、日常の生活に生かしていただくための指導、各種サービスを提供している。 長年の経験に基づく表現によって、目に見えない心の世界を分かり易く、また誰にでも受け入れ易く解説することに対しての定評がある。また、『黎明』の著者葦原瑞穂氏とは生前から大変縁が深く、特に氏の晩年は多くの活動を共にした。


● 参加料金と定員について

新たな時代に、この地上にあなたの足元から光を下ろす「ライトワーク」を志す同志たちが集い、心を一つにして、共に真理を学ぶ、この『CTPeak Light-Work Club』への参加費用は、

6ヶ月間、6回のミーティング(1回約2時間)の参加と、全開催セミナー(平日・休日開催の6テーマ全12回分)の録画ビデオをご覧頂ける専用サイトアクセス権をお付けして、

税別35,000円(税込37,800円 ※消費税8%)となります。

但し、定員数は30名限定で、お申込み先着順となります。(※状況に応じ多少の増員の可能性あり)

この『CTPeak Light-Work Club』(CLC)の趣旨にご賛同頂けた方は、どうぞお早めにご予約ください


*  *  *  *  *

尚、補足情報として、CLCへの参加には、オンライン講座受講者割引特典の設定はありませんが、CLCとの同時申込(1週間以内)で、新規に各種『オンライン講座』へお申込いただくと、オンライン講座を定価より税別20,000円(税込21,600円 ※消費税8%)割引でご利用いただけます。

すでに何らかのオンライン講座を学んでいる方でも、まだ学んでいない他のオンライン講座(上級編含む)にお申込いただくことで、割引の対象となります。

ご希望の場合は、まずはCLCへのお申込手続きをお済ませいただき、その後、1週間以内に、ご希望のオンライン講座のお申込ページから、連絡欄に「CLC参加者」とお書き添えの上でお申込ください。
(※お申込後、自動返信メールにて、通常料金のご入金手続き案内が届きますが、そのメールは無視していただき、24時間以内に再送される、割引後のご入金手続き案内メールをお待ちください)

シンプルさとり講座サイト

割引対象のオンライン講座は、次の通りです。


オンライン講座は、このCLCでお伝えする真理の基礎となる情報や、それらを提供者側やビジネスとして生かしていきたい方などに、無期限サポートをお付けして、より深く広範囲に学んでいただける講座です。

CLCの理解を深めていただけるだけでなく、多角的な要素をご理解いただくことで、立体的な学びとなり、ご自身の日常に生かす後押しとなるでしょう。

それぞれのオンライン講座の詳細内容は、上記のリンクをクリックすることでご覧いただけます。

ご検討中の方は、この機会にぜひご利用ください。




日の出

この、碧く美しい地球に生まれる前、太古の時代の深遠な魂のご縁の約束を、
この『CTPeak Light-Work Club』で少しでも果たす事ができるのでしたら主催者として嬉しく思います。

ご参加、心よりお待ちしております。

CTPeak

田久保 剛

 

 

 

『CTPeak Light-Work Club』参加要項

【開催要項】

* 今回の募集は終了しました *
(次回開催希望はこのページの下のフォームからお送りください)


メモ

● 開催期間:2019年6月〜12月の6ヶ月間

● 利用回数:6回(月1回)

● 定員:先着30名(※ただし状況により増員の可能性あり)

● 講師:田久保 剛(たくぼ たけし)

● 参加費: 税別 35,000円 (税込 37,800円)※消費税8%
 ・参加費には全6回分の参加権利、及び参加者限定専用サイト利用料を含む

● 形式:Zoomによるオンライン・ミーティング
[Zoomとは?]パソコンやスマートフォン・タブレットを使って、セミナーやミーティングをインターネット回線を通じて開催するために開発されたアプリです。こちらからお送りする招待URLをクリックするだけで、初めての方でも手軽に始められます。

● 付帯サービス
・参加者限定の専用サイトにて同テーマ×2回=全12回分の映像公開
・同サイト内にて、公開映像及び音声ダウンロード(※ダウンロード対応機器が必要です)
・参加者限定専用サイト利用期限:初回開催日より1年間


【参加条件および留意点】

  • 18歳以上の方で、Webミーティングに参加するためのインターネット環境及びパソコン・スマートフォン・タブレット等の機器をお持ちの方。
    ※パソコンに内蔵カメラが付属していない場合、別途マイク付きWebカメラの購入が必要です。
    ※パソコン設定やインターネット接続環境等、環境整備は自己責任でお願いします。
  • お申込は必ず本名でお申込ください。また、ミーティング参加の際にも、原則として本名(フルネーム)でご参加いただきます。ニックネームではご参加できません。ただし、ビジネスネームや旧姓など、普段からの活動時に使用しているお名前がある場合は、事前にその旨をご相談ください
    ※お申込時の内容に虚偽が判明した場合にはサービスを停止させていただくことがあります。
  • ミーティングに参加の際には、原則としてカメラでご自身の顔を映しての参加を前提とします。ご了承いただける方のみご参加ください。
    ※参加者限定の専用サイト等で映像を公開する際には、参加者の映像は公開いたしません。
  • ミーティングに参加の際には、周囲の人が画面に映ることの無いように、必ず一人になれる環境を整えてください。ご自宅の場合は、家族のいない部屋に入るなどし、また、外出先から参加の場合も、周囲の人が画面に映ることの無いように、一人になれる環境が確保できる場所を選び、周囲に人がいる場所での参加は控えてください
  • ここで録画された映像は、後に教材等に利用することがありますが、参加者の映像や音声は教材には使用いたしません。

【開催スケジュール】

毎月テーマを設け、同テーマで2回(休日・平日)のミーティングが開催されます。ご利用の際には、休日・平日のどちらか1回の日程をご選択の上でご参加いただきます。

原則として、A(休日)は毎月第4日曜日、B(平日)は毎月第2水曜日を基準とし、連休や祝日等にかかる場合は調整しています。また、講師の体調不良等、やむを得ない事情がある場合は、下記日程が変更となる場合があります。(事前にメールにてご連絡いたします)

【第1回】テーマ:『日常生活に宇宙を顕す』
[日時]A:2019年6月23日(日)15:00〜17:00  B:2019年7月10日(水)20:00〜22:00

【第2回】テーマ:『普遍意識で世界を観る」
[日時]A:2019年7月28日(日)15:00〜17:00  B:2019年8月14日(水)20:00〜22:00

【第3回】テーマ:『宇宙の波動と共鳴する』
[日時]A:2019年8月25日(日)15:00〜17:00  B:2019年9月11日(水)20:00〜22:00

【第4回】テーマ:『地上に光を降ろす(神の道具として生きる)』
[日時]A:2019年9月29日(日)15:00〜17:00  B:2019年10月9日(水)20:00〜22:00

【第5回】テーマ:『魂の目的を思い出す(私たちの使命)』
[日時]A:2019年10月27日(日)15:00〜17:00  B:2019年11月13日(水)20:00〜22:00

【第6回】テーマ:『新しい地球での生き方』
[日時]A:2019年11月24日(日)15:00〜17:00  B:2019年12月11日(水)20:00〜22:00


お申込から受講までのステップ

  1. 下記のお申込フォームから必要事項を入力し、利用規約に同意した上で「申し込む」ボタンをクリックして送信してください。
    ※お申込の前に、必ず「info@ctpeak.co.jp」のメール受信設定を行ってください。
    ※原則として、携帯電話のメールアドレスでのお申込は出来ません。
  2. 自動返信にて、お申込の確認メール(ご入金手続きのご案内)が届きます。メールに記載された方法で期日までに受講料をご入金ください。
  3. 入金の確認が取れましたら、「CLC参加者登録」のメールをお送りします。
  4. ミーティングの開催日程が近くなりましたら、参加方法のご案内と、参加の意思表明を確認するためのメールを送信いたします。メールのチェックを忘れずにお願いいたします。
    CLCミーティング開催前に、初めてZoomを利用する方のためのインストラクション・ミーティング(Zoomの使い方の解説とデモンストレーション)を開催します。インストラクション・ミーティングの詳細についてもメールでお送りしますので、メールをこまめにチェックしてください。

* 今回の募集は終了しました *
(次回開催希望はこのページの下のフォームからお送りください)

次回開催希望フォーム

*は入力必須です。

氏名 * 姓:  名:
よみがな(せい めい)*
メールアドレス *
確認用メールアドレス *
希望の曜日 *  どちらかと言えば土日を希望
 どちらかと言えば平日を希望
 どちらでも良い
希望時間帯 *  どちらかと言えば日中を希望
 どちらかと言えば夜間を希望
 どちらでも良い
その他メッセージ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

 

Page top icon